2014年3月14日金曜日

粉河寺初午カメラスケッチ

 3月12日各地で初午神事が、開催されているということで和歌山県紀の川市の西国三十三所第三番札所、粉河寺に狙いを定めカメラスケッチをしてきました。正式には、「旧初午採灯護摩供」というらしいです。

山伏登場
 初午の主役、山伏の皆さんが一列に並んで登場です。当寺のお坊さんの袈裟と共にカラフルなので1コマ頂きました。
 

山伏行列
 ほら貝を鳴らしながら境内を練り歩く山伏行列。白い土塀とうまくマッチングしました。


行者堂読経
 先ずは、修験道の開祖を祀る「行者堂」にで読経中。中心部だけに太陽光が注いでいました。
 

本堂前行列
 本堂にお参りに向かう山伏の行列が、ユニークなので超広角で撮影。青空が、GOODでした。


護摩木山積み
 1本300円の護摩木が、山積みでした。全部でいかほどに?


女性山伏
 女性山伏4人が、ベンチで並んで座っている姿が、ユニークでした。あまりお目にかかれない風景かと。


鉞と山伏
 悪魔払いの道具「まさかり」を手にした山伏、このあと護摩壇の四隅で振りかざして悪魔払いをしていました。



悪魔払い
 この弓矢も護摩壇の四隅で放って悪魔払い。放たれた破魔矢は、観客による争奪戦が、行われていました。



護摩壇投火
 ほら貝の音と読経の中、護摩壇に火が入れられました。


護摩木投入
 願いが、書かれた護摩木を投入。あれだけの護摩木が、あっという間に火中に消えました。


ご祈祷
 山伏の読経の中、高々と炎と白煙を上げて燃える護摩木は、壮観でした。


2014年3月2日日曜日

阪神百貨店 屋上プレイランド「最後の日」カメラスケッチ


 大阪梅田の阪神百貨店12階屋上の屋上遊園地が、56年の営業を終え2月28日、閉園とのこと。早速カメラ片手にカメラスケッチをしてきました。またひとつ昭和の風景が、消えるのを目の当たりにしてきました。合掌

昔ながらの屋上遊園地
 

バッテリーカーも今日でさよなら
 色あせた多くのバッテリーカーには、小さな座布団がつけられているなど子供に優しく出来ています。


レトロなゲーセン
 そうそう昔のゲーセンこんな感じでしたな。

哀愁の両替機
 10円両替機から1000円両替機まで4台並んでいました。もうこのフォーメーションの両替コーナーは、もう見当たらないと思います。哀愁を込めて撮影。


めちゃめちゃクラシカルなゲーム
 ベルトの道路が、動くめちゃめちゃクラシカルなドライブゲーム(ポルル君の旅行)1回30円などめちゃめちゃクラシカルなゲームが、ズラリと並んでおり、さしづめ昭和の博物館のようでした。


ドラえもんの操縦席
 ドラえもんの操縦席しっかと拝見させていただきました。


インフィニティ∞
 8の字レールの電車の遊具。このあと何処にいくのでしょう。


最後の仕事が一番厳しい 
 最後の遊園地を楽しむ親子、パンダにとっては、かなり重いかも。


勤めを終えて
 長い勤めを終えた水牛?の遊具が、敷地の隅っこで体を休めていました。


 ラストデーを惜しむ
 1958年当時には、この敷地にモノレールや観覧車など大きな遊具があったそうな。この敷地は、夏は、ビアガーデンで賑わい来年度は、改装されるとのこと。


 近畿であと屋上遊園地があるのは高槻市の松阪屋だけだそうな。