2014年12月26日金曜日

久米田池は、鷺のパラダイス

 大阪府岸和田市の久米田池は、府下最大の面積の池(周囲2.6㎞)で冬季は、多くの野鳥が飛来すると聞いてカメラスケッチに行ってきました。
灌漑池として8世紀に人工的に造られた池ですが、この時期、北側の一部にしか水がなく、せっかくの池が沼地化しているのが残念でした。水深が浅く多くの野鳥が、養魚している河内ブナなどの小魚食べ放題で鷺にとってはパラダイス状態でした。


釣り公園?
 いろいろな鷺が堤防に並んで捕食待ち中。釣り公園の風景と同じに見えました。


休憩中
 白鷲の集団が、水際で休憩中でした。



潮干狩り?
 水深が浅いのでいろいろな野鳥が、こうして捕食しています。大にぎわいの潮干狩り場のようです。奥の集団は、用心深いカワウの集団です。


シンクロナイズドスイミング
 鷺は、集団で漁をします。並んでゆっくり歩いて魚を追い立てながら捕食します。等間隔で歩く様は、見ようによってはシンクロナイズドスイミングにも見えます。






ミーティング?
 漁の前にリーダーが、ミーティング中?に見えました。


これも漁!
 鷺は、羽を広げたり足で足元をかきまぜたりして魚を追い立て捕食します。


GET!
 小魚を捕まえた瞬間です。

鷺三態
 白鷲は、羽を広げると美しいです。




ヘラサギ
 地元の野鳥ファンからヘラサギが、一羽飛来していると聞き、探したところはるか遠く池の中ほどに発見。滅多にお目にかかれない鳥だと聞いて粘りましたが、近くには来てくれないのでコンデジを×60にしてやっと捕獲。くちばしが、三味線のバチ様で不器用に泥の中をさらっていました。


今回は、鷺にスポットをあてましたが、久米田池には他にも多くの野鳥が飛来しています。